タッチパネル式自動券売機「TK-1900」導入事例

高額紙幣対応で、お金を触らず衛生的 - 麺や 京水 様

高額紙幣対応で、お金を触らず衛生的 - 麺や 京水 様

麺や 京水 券売機 導入事例

高額紙幣対応で、お金を触らず衛生的

麺や 京水

大久保 道男 様
木下 潔 様

ホームページ http://www.ekiten.jp/shop_7127442/

今回の導入事例ポイント

  • 調理に専念できる体制づくり。
  • コンパクトな券売機。
  • 売れ筋の自動集計。

掲載日:2016年7月11日

事業内容について

今年3月1日にオープンしましたラーメン店です。じっくり煮込んだ豚骨ベースのスープに醤油を効かせた京風らぁめんを提供しています。
京風らぁめん以外にも、つけめん・まぜそばをメインに餃子・炒飯・まかない丼とサイドメニューも充実し、各種ドリンク・アルコール類もご用意しています。
桜上水駅から徒歩で5分程度、甲州街道沿い場所にあり、15席のコの字のカウンター席のみ、麺は自家製麺で提供しています。

導入前の状況(課題)

以前から券売機は利用していましたが、古い型で修理などに部品がないことや高いことが多くて悩んでいました。
また、店舗の広さもそれ程余裕があるわけではなく、色々な券売機を検討しましたが、大きな券売機は入れられないためどうしようかと考えていました。
お客様から見ても商品名だけの表示で、イメージと違い買い間違いも多かったです。

導入前の課題ときっかけ

お会計の際、直接金銭のやり取りを行うと、お釣りや追加注文分の計算に時間をとってしまうことやミスが出てしまう場合があるなと思っていました。
また、スタッフの人数も多くないので、なるべくスタッフは調理に専念できるようにしたいと考えていたため、オープン前から券売機を入れたいと考えていました。

数社からカタログを取り寄せ、比較し、料金や機能・サイズ、デザインを見て、候補を絞りました。特に重視したのは店舗のスペースを考えてコンパクトなものかどうか、お店に設置したときのイメージが合うかどうかでしたね。
最終的に券売機の実物をそれぞれ見て、タッチをしたときの操作感や写真が大きく表示できるかを確かめて決めました。

VALTECは他のタッチパネル式券売機に比べて、価格面でバランスが良かったですね。
サイズやデザインも当初のイメージに最も近かったです。

導入後

まず店の構造上、入ってすぐ左横に券売機を設置するしかなくお客様が券売機に気付かずに席に座ってしまうか心配でしたが券売機のオレンジ色がインパクトがありスムーズに券を購入してもらえて助かりますね。それに大画面で写真付きなので発券時からお客様の食欲をそそる券売機だなって思っています。

また、券売機のおかげで会計もスタッフが行わなくていいので、調理に専念でき、当初期待していた効果は実感しています。

オープンから導入しているので今までの商品の売れ筋が分かり今後の戦略にも役立っています。売上集計も自動で行えるので特にランチ後から夕方のオープンまでの貴重な休憩時間をフルに使って休憩ができメリハリのある業務がこなせているのはスタッフ全員が感じていると思います。

券売機 ラーメン店内

+αの良かったこと

高額紙幣の1万円札・5千円札の対応は、導入前はあまり重視していなかったのですが、高額紙幣に対応していることで両替をしなくて済むので助かっています。

メニュー的に1品、千円以下なので千円札での購入が多いと思っていましたが、意外に1万円札で購入するお客様が多く、もし高額紙幣対応の券売機ではなかったらと思うと両替に時間をとられることで効率的によくないので非常に良かったところですね。
また、両替にお金を触ることは、衛生的にもよくないので高額紙幣対応の券売機で良かったです。

売上の集計も自動で入力されるため、閉店してから集計し直す手間がないため、夜遅くまで営業している身としては、助かっています。

売れ筋商品が把握しやすいので次にどのメニューをおすすめにしようか、など販売戦略が立てやすくなっています。

ラーメン店内

今後の展開

常連さんも増えてきているので新規のお客様をどう集客するか考えています。そのためにもこの券売機でしっかりデータをとり戦略に繋げていきたいと思います。